思いのままに…これからも

アクセスカウンタ

zoom RSS 眼瞼下垂症の手術

<<   作成日時 : 2017/08/12 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3日に眼瞼下垂の手術をしてから10日近くになる。比較的腫れも少なく、10日には無事に抜糸ができた。
次は約一月後に診察ということ。まだ何回か診察があるらしい。
手術事態は簡単と言われたが、受ける側にしてみれば頭から上の部分はかなり不安になっていた。
手術台に座っても「やめようかな」と思ったくらいだ。予定では40分くらいとの事だったが実際には90分はかかった。部分麻酔なので眼以外は普通の状態。そのため会話をしながら手術を続けていく。痛いとかいう言葉は自由に言えるから、その点は安心だった。
とにかく無事に終わり、翌日の診察の際、同じ先生の担当で手術を受けた男性の方の顔を見てびっくり、瞼の腫れが凄かったから。実はまだきちんと自分の顔を見ていなかったから不安でぃっばいだった。
その後できちんと見直したら私の場合はそれほどでもなかったのでちょっと安心。しかし腫れているには違いない。やっぱりそのまま人に会うのは嫌だと思った。一応サングラスを持参していたのですっぴんのままサングラスをかけて帰ったのだった。ひとりで買えるのは少し心配だったため友人に付き添ってもらい、タクシーで家まで帰る。その後で食事をするために近くの店まで行った。でも、できるだけ大勢の人と顔を合わせたくなくて座る場所も選んだ。ただし食事の時にサングラスはおかしい(まして黒っぽくてデザインも怖そうだった)ので外して食べた。
抜糸も済み、洗顔も化粧も普通にできるようになった。でもまだなんとなく見慣れない顔に我ながら不思議な思いで鏡を見ている。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眼瞼下垂症の手術 思いのままに…これからも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる